ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっとした小説 
2006.06.24.Sat / 00:38 
ええ、小説です。
序章?ってところかな多分短い。
見たい人は↓
「白き鬼」
その昔、白き鬼が黒き者を従え、突如として大陸中に現れた。その者たちは、その世界に生きるものたちにとって得体のしれない者であった。
人はカレラを神として迎えたが、すぐにそれはそうではないと気づいた。そうカレラは人を動物をその世界に生きるものすべてを殺戮し始めた。そして、そのカレラの行為をみた者達の恐怖はすぐ、世界中へと広がった。
しかし、カレラの行為はすぐに治まった。黒き者を従えてきた白き鬼が黒き闇にのまれ消えたのであった。そして、黒き者は恐怖という殺戮をやめ、どこかへと忽然と消えたのであった。

世界に平和が訪れる。が、黒き者はどこかに潜み、何かを待つように世界中のどこかしらで、この世界に生きるもの達に恐怖を与え続けている。
                      to be continue...
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

リンク変わったんです。
出会い系じゃないからね!!
マリアだから!!!
お暇な時にリンク変更お願いします!!

- from Maria -

   非公開コメント  
スポンサーサイトちょっとした小説のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CopyRight 2006 マイペースフリー All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。